中古Apple Watchを探す

中古Apple Watchの商品一覧

Apple Watchは高度な健康とフィットネスの解析、通知、音楽ストリーミング、通話、メッセージ機能などを備えたスマートウォッチです。
心拍数モニタリング、心電図、酸素飽和度測定など、様々な健康情報の測定ができるセンサーを搭載しています。
また、ユーザーの好みに合わせてカスタマイズできる多様なケースやバンドが用意されています。
さらに、Apple Payに対応しており手首をかざすだけで支払いが可能。iPhoneとの連携でさらに利便性が高まる設計となっています。
健康管理や生活の利便性を向上させたい方におすすめのウェアラブルデバイスです。
1年間の動作保証
バッテリー容量80%以上のみ取扱
全国送料無料※税込4,000円以上のご購入で
リアル店舗で修理サポート

Apple Watchスペック比較表

スクロールできます
機種 重量 血中酸素濃度センサー 心拍センサー 心電図 海外における緊急通報 転倒検出 高度計 コンパス 騒音モニタリング
Apple Watch Ultra 2
49mm
チタニウム:
61.4 g
Apple Watch Series 9
41mm
アルミニウム(GPS + Cellular):
32.1 g
アルミニウム(GPS):
31.9 g
ステンレススチール:
42.3 g
45mm
アルミニウム(GPS + Cellular):
39.0 g
アルミニウム(GPS):
38.7 g
ステンレススチール:
51.5 g
Apple Watch Ultra
49mm
チタニウム:
61.3 g
Apple Watch Series 8
41mm
アルミニウム(GPS + Cellular):
32.2 g
アルミニウム(GPS):
31.9 g
ステンレススチール:
42.3 g
45mm
アルミニウム(GPS + Cellular):
39.1 g
アルミニウム(GPS):
38.8 g
ステンレススチール:
51.5 g
Apple Watch SE
(第2世代)
40mm
GPSモデル:
26.4 g
GPS+Cellularモデル:
27.8 g
44mm
GPSモデル:
32.9 g
GPS+Cellularモデル:
33 g
× ×
Apple Watch Series 7
41mm
アルミニウム:
32.0 g
ステンレススチール:
42.3 g
チタニウム:
37.0 g
45mm
アルミニウム:
38.8 g
ステンレススチール:
51.5 g
チタニウム:
45.1 g
Apple Watch Series 6
40mm
アルミニウム:
30.5 g
ステンレススチール:
39.7 g
チタニウム:
34.6 g
44mm
アルミニウム:
36.5 g
ステンレススチール:
47.1 g
チタニウム:
41.3 g
Apple Watch Series 5
40mm
アルミニウム:
30.8 g
ステンレススチール:
40.6 g
チタニウム:
35.1 g
セラミック:
39.7 g
44mm
アルミニウム:
36.5 g
ステンレススチール:
47.8 g
チタニウム:
41.7 g
セラミック:
46.7 g
×
Apple Watch Series 4
40mm
アルミニウム:
30.1 g
ステンレススチール:
39.8 g
44mm
アルミニウム:
36.7 g
ステンレススチール:
47.9 g
× × × ×
Apple Watch SE
(第1世代)
40mm
GPSモデル:
30.49 g
GPS+Cellularモデル:
30.68 g
44mm
GPSモデル:
36.20 g
GPS+Cellularモデル:
36.36 g
× ×

Apple Watchに関するお役立ち記事

    中古Apple Watchのよくある質問と回答

    Apple Watch何のために使う?用途は?

    Apple Watchには時計以外に健康管理や電子決済、通知、通話など様々な機能があります。
    特に健康とフィットネスにおいて高度なトラッキングが可能で歩数計測、心拍数モニタリング、睡眠トラッキング、さらには酸素飽和度なども測定可能です。
    また特定のモデルでは心電図(ECG)を取ることもできます。
    通知も非常に便利な機能です。iPhoneがバッグに入っていても手首に届く振動や音で即座に気付くことができます。
    メッセージ、メール、SNSの通知はもちろん、重要な予定やToDoリストのアラートを受け取ることもできます。
    また、Apple WatchはApple Payにも対応しており時計をかざすだけで支払いすることができます。
    通話機能やSiriの利用も可能で、手がふさがっているときや運転中でも声だけで操作ができるため非常に便利です。
    Apple Watchは日常生活をより便利にし特に健康管理をサポートする多機能なウェアラブルデバイスです。

    Apple WatchシリーズとApple Watch SEシリーズはどっちがいい?

    Apple Watch(通常モデル)は最新の機能と高度なセンサーを搭載していますが、それに伴い価格も高くなっています。
    一方で、Apple Watch SEは基本的な機能は網羅しながらも、価格を抑えるために一部の高度なセンサーや機能が省かれています。
    健康管理が主な目的で、心電図(ECG)や血中酸素レベルの測定が必要な場合は、高機能なApple Watchがおすすめです。
    基本的な健康管理や通知、運動トラッキングが主な用途で、高度な機能は必要ない場合はApple Watch SEがコスパに優れています。
    どちらが「いい」かは個々のニーズと予算によるため自分が何を重視するのかを考えて選ぶと良いでしょう。

    Apple Watchのサイズとデザインのバリエーションはどれくらいありますか?

    Apple Watchは多様なサイズとデザインのバリエーションを提供しています。
    基本的にケースサイズは各モデルで40mmと44mmのような2種類用意されており、ユーザーの手首のサイズや好みで選べます。
    また、ケース素材もアルミニウム、ステンレススチール、チタンなどの選択肢があり、外観だけでなく重量感も変わります。
    デザインに関しても、Appleは様々なカラーオプションを提供しています。
    ケースカラーも様々なカラーオプションが提供され、基本色のシルバー、ゴールド、スペースグレイから特定モデルの限定カラーまで幅広く用意されています。
    更に、バンドの選択肢も非常に多く、スポーツバンド、ミラネーゼループ、レザーループなど多数のスタイルとカラーが用意されています。
    これによりカジュアルな装いからビジネスシーンまで多くの場面で使用できるようになっています。
    加えて、Apple Watchには特定のブランドやデザイナーとのコラボレーションモデルがあります。
    これらは通常のモデルよりもプレミアムな価格設定となっていますが、独自のデザインや特別な素材が用いられています。

    Apple WatchはiPhoneを持ってなくても使えますか?

    結論から言うと、Apple WatchはiPhoneなしでは使えません。
    Apple Watchは基本的にiPhoneとペアリングして使用することが前提となっています。
    特に初回のセットアップにはiPhoneが必要でありApple Watch単体でのセットアップはできません。
    また、多くの機能、例えばアプリのインストール、ソフトウェアのアップデート、各種設定のカスタマイズなどもiPhoneを介して行います。
    ただし、一度セットアップが完了し特定の機能が有効化されている場合、iPhoneが近くになくても一部の機能は使えます。
    例えばWi-Fiが設定されていれば、メッセージの送受信やネットブラウジング、音楽のストリーミングなどが可能です。
    セルラーモデルの場合はiPhoneがなくても通話やデータ通信が可能です。
    しかし、これらはあくまで限定的な使用方法でありApple Watchの全機能をフルに活用するにはiPhoneが必要です。

    Apple Watchの健康・フィットネス関連の機能は何ですか?

    Apple Watchは健康とフィットネスの管理に非常に便利なデバイスです。
    まず基本的な活動量計として、歩数や消費カロリー、移動距離を測定できます。
    また「リング」を使って日々の「運動による消費カロリー」「早歩き以上の運動をした分数」「1日のうちで1時間に1分以上立って体を動かした回数」の目標を設定することで、達成状況を一目で確認できます。
    心拍数のモニタリングもリアルタイムで行い、高すぎる場合や低すぎる場合に警告を出してくれます。
    さらに、Apple Watchには睡眠トラッキング機能も備わっており、睡眠の質を改善するための情報を提供します。
    その他にも、瞑想やリラクゼーションを促すマインドフルネスアプリも搭載されています。
    また一部のモデルでは、心電図(ECG)を測定する機能や、酸素飽和度を測定する機能もあります。

    中古Apple Watchの魅力について

    新品に比べて価格が安い

    中古Apple Watchは、新品に比べて安く手軽に入手することができます。

    新品と中古では1万円の価格差がつくこともあり、安さを最優先したい方や初めてApple Watchの購入を検討している方には特におすすめです。

    Apple Watchは、腕時計としての機能はもちろんのこと、iPhoneとペアリングすることで通知の受信や電話の着信、SuicaやPayPayなどの電子マネー決済機能、健康管理やフィットネストラッキング機能など様々な便利な機能を利用することができます。

    また、GPSや電子コンパス、高度計などのセンサーを搭載しているため、アウトドアやスポーツなどで活用することもできます。つまり、Apple Watchは多くの人の生活をより快適に変えてくれるアイテムと言えます。

    とはいえ、Apple Watchの購入を検討している方の中には、新品では価格が高くて躊躇されている方も多くいるのではないでしょうか。最新モデルの新品価格は6万円ほどするので気軽に試すには敷居が高いです。

    まずは、お手頃な価格の中古品(2万円台から入手可能)での購入を強くおすすめします。メリットや使い方が把握でき、新しい習慣として生活に馴染むかどうかを新品より低価格で確かめることができます。

    型落ちモデル(販売終了したモデル)が安く手に入る

    Apple Watchは新しいモデルが発売されるサイクルが早く、新品の旧モデルが値下げされることもあり、中古市場でも価格は下がります。特に中古市場では、販売が終了した型落ちモデルであれば、新品と比べて価格が大幅に下がる場合があります。

    また、型落ちモデルでも基本的な機能や性能はしっかりと備わっており、普段使いには十分な性能を持っています。そのため、現行の新品にこだわらない方や必要以上の機能やスペックを求めていない方には、型落ちモデルのApple Watchがおすすめです。

    中古での購入には一定の注意が必要ですが、コストパフォーマンスを重視する方にとっては魅力的な選択肢の一つとなります。

    環境にやさしい消費行動

    中古のApple Watchを購入することは、新しい製品を購入する場合よりも廃棄物の削減につながります。また、中古品を再利用することで新しい製品を生産するための資源消費も抑えられます。

    セカハンでは、環境負荷を低減する取り組みとして、お客様が商品を購入するたびに国内の森林を活用したCO2削減(カーボン・オフセット)を実施しています。詳しくは「セカハンでCO2を削減しよう」で紹介しているのでご興味のある方はぜひご一読ください。


    中古Apple Watchを購入するときの注意点

    中古のApple Watchを購入する際、訳あり品などの欠陥がある商品を購入してしまうことは避けなければいけません。商品の状態や不具合の有無などを事前に確認することでトラブルを回避することができます。以下に3つの具体的な注意点をご紹介します。

    1. アクティベーションロックが解除されているかどうか

    Apple Watchを使用するには、アクティベーションロックが解除されている必要があります。

    アクティベーションロックとは、Apple Watchが盗まれたり紛失したりした場合に第三者による不正使用を防止するための機能です。この機能は、すべてのAppleデバイスに搭載されています。

    中古品の場合、アクティベーションロックの解除がされていないまま販売されるケースがあるため注意が必要です。

    ロックを解除するには、前の所有者のApple IDとパスワードが必要になります。例えメーカーのAppleサポートであったとしても、この2つの情報が分からなければ解除することはできません。しかし、Apple IDとパスワードはセキュリティに関わる大切な情報のため、前の所有者が教えてくれる可能性は低いです。その場合は、iCloud上から遠隔操作で解除してもらうか、端末を返送して直接解除してもらう必要があります。

    購入後にトラブルになるケースを避けるため、事前にアクティベーションロックが解除された状態かどうか確認してから購入するようにしましょう。

    2. バッテリー容量が著しく低下していないかどうか

    Apple Watchは、iPhoneやMacBookと比べてバッテリー容量が小さく、基本的には毎日充電する必要があることからバッテリーの消耗が早いデバイスです。

    Apple Watchのバッテリー寿命は、充電回数や充電方法、保管状態などによって異なりますが、一般的に2〜3年程度と言われています。

    バッテリーが消耗品であることから、中古品を購入する場合、ある程度の劣化は避けられません。しかし、バッテリーが極端に劣化している端末は避けたいところです。モデルが古すぎたり、以前の所有者が使い込んでいた場合、充電が1日持たない可能性があり、購入して早々にバッテリー交換が必要になってしまうからです。これでは結果的に高い買い物となってしまいます。

    古すぎるモデルやバッテリーの状態が分からない中古品については、購入を避けた方がよいでしょう。

    中古Apple Watchの購入を検討するならシリーズ4以降がおすすめです。セカハンでは「バッテリー80%以上」の品質基準を満たした中古品のみが販売されています。

    3. GPSモデルとGPS+Cellularモデルの違いを知っておく

    Apple Watchには、GPSモデルとGPS+Cellularモデルの2つの種類があります。

    GPSモデルはiPhoneと連動し通信します。つまりiPhoneが近くにないとインターネットにつながらないのです。一方GPS+CellularモデルはiPhoneやWi-Fi環境がなくてもApple Watch単体で通信できるので近くにiPhoneやWi-Fi環境がなくても通信できます。

    GPS+Cellularモデルの本体価格は、GPSモデルよりも1万円以上高くなることがあるため、それぞれの機能や違いを事前に理解し自分に合ったモデルを購入しましょう。

    iPhoneを常に携帯する人はGPSモデル

    外出時など、日常的にiPhoneを携帯している方であればGPSモデルで十分です。

    なぜなら、iPhoneが同じWi-Fiネットワーク内やBluetoothの範囲内にある場合、GPSモデルでもテキストメッセージのやり取りや通話などが可能で、GPS+Cellularモデルと比べて利便性に大きな違いはないからです。

    GPSモデルはGPS+Cellularモデルよりも本体価格が安く、追加で月額料金がかかることもありません。

    iPhoneを携帯しない人・携帯しづらい状況がある人はGPS+Cellularモデル

    GPS+Cellularモデルは、Wi-Fi以外にもモバイル回線での通信が可能です。

    iPhoneが手元になくても、Apple Watch単体で別途4G/LTEなどの電波を利用できるため、Wi-Fiがない環境でも利用したい方や長時間屋外でランニングなどスポーツをされる方にはおすすめです。

    ただし、GPS+CellularモデルはGPSモデルよりも本体価格が高くなります。また、iPhoneの月額通信料金とは別に、追加でApple Watchの月額通信料金が必要になります。


    中古Apple Watchの選び方

    中古のApple Watchを選ぶ場合、まず重要なのは使用目的を明確にすることです。その上で必要な機能を備えたモデルを選ぶことで、購入後も有効に活用できるでしょう。自分に合ったApple Watchを選ぶために、使用目的を明確にすることが大切です。

    Apple Watchは、それぞれのライフスタイルに合わせて幅広い活用方法があります。時計としてはもちろんのこと、ウェアラブルデバイスとして公共交通機関やショッピングでの支払いに利用したり、健康管理やフィットネスに役立てたりすることもできます。以下の表を参考に自分の使用目的をまずは明確にしましょう。

    通知 電話|メッセージ|メール|カレンダー|天気|ニュース|ストックアプリ|Siriなど
    コミュニケーション 電話|LINE|Siriなど
    支払い Apple Pay|PayPay|Suicaなど
    フィットネス ワークアウトトラッキング|ヘルスケア機能|アクティビティトラッキング|心拍数モニター|血中酸素濃度測定|呼吸トラッキング|ランニングマップ|音楽再生など
    音楽 Apple Music|Podcasts|ストリーミング再生|音楽再生など
    ナビゲーション 地図|コンパス|Siriなど
    時計 時計|タイマー|ストップウォッチ|アラームなど
    スマートホーム HomeKit|リモートショートカットなど
    エンターテインメント カメラ|カレンダー|天気|ニュース|ストックアプリ|リマインダー|メモ|カウントダウン|翻訳|ショッピング|電子書籍|Instagram|Twitter|Facebookなど

    使用目的によって必要な性能や機能が異なるため、予算とのバランスを考慮しつつ、最適なApple Watchを選ぶことが重要です。

    例えば、フィットネスや健康管理を目的として使用する場合は、より高度な健康管理機能が搭載されているApple Watch Series 7やSeries 6が適していますが、一方でApple Watchとしての基本的な機能で十分な場合は、コストパフォーマンスの面からApple Watch SEやSeries 4が適しています。

    サイズやストレージ容量についても同様に個々の使用環境や目的に応じて検討すると良いでしょう。

    とはいえ、Apple Watchには多くのモデルがあり、初めて購入する方はどのモデルを選ぶべきか悩むことがあるかもしれません。そこで、中古のApple Watchの中から、おすすめのモデルを3つ紹介します。

    基本的な機能を使いたい場合:Apple Watch SE

    Apple Watch SEは、基本的な機能を備えたエントリーモデルです。Apple Watchの中でも比較的安価でありながら、健康機能やフィットネス機能、睡眠追跡、音楽再生、Siriによる音声操作などが利用できます。例えば、Apple Watch Series 6と比較すると主要な基本機能は全く同じで、血中酸素濃度測定機能などのプラスαの機能が欠けています。しかし、Apple Watch SEはより予算を抑えつつ、必要十分な機能を楽しむことができます。

    健康管理やフィットネスに重点を置きたい場合:Apple Watch Series 7

    健康管理やフィットネスに重点を置きたい場合は、Apple Watch Series 7がおすすめです。このモデルは、心拍数測定、血中酸素濃度測定、運動追跡、自動的な手洗い検知機能など、より高度な機能を搭載しています。また、大型ディスプレイが採用されたことで、より見やすくなり多くの情報を把握することができます。

    アウトドアやアクティブなスポーツをする人向け:Apple Watch Series 7 (GPS + Cellular)

    アウトドアやアクティブなスポーツをする人におすすめなのが、Apple Watch Series 7 (GPS + Cellular)です。このモデルは、GPSとセルラー通信を搭載しており、iPhoneがなくても通話やメッセージが可能です。

    また、防水性能が高く、泳いだりシャワーを浴びたりすることもできます。ウォーキング、ランニング、自転車、スイミングなど、多様なスポーツに対応しており、それぞれのアクティビティのデータを収集し分析することで、自分のフィットネスレベルを把握することができます。アウトドアやアクティブなスポーツをする人にとって、便利な機能を備えたデバイスです。

    セカハンで購入できる中古Apple Watchは、全品SIMフリーで、検品・動作確認・クリーニング済み、1年保証も付いています。中古Apple Watchを買うならセカハンにお任せ下さい。

    SECOND HANDについて

    SECOND HAND(セカハン)は、中古iPhone、iPad、AppleWatch、MacBookを中心とした中古端末販売会社です。

    地球環境に貢献していきながら、機能検品・クリーニングを最重視し、高品質な商品をお客様にお届けしております。

    ほんのちょっとの環境への配慮が、地球にとって大きな貢献につながります。

    私たちの住んでいる地球に、ちょっと良いことはじめませんか?

    セカハンでは、2024年1月末時点で145.05トンのCO2削減(※)を実現しています。
    ※【参考】国土交通省(運輸部門における二酸化炭素排出量)令和4年7月5日更新