iPad Air中古の商品一覧

iPad Air中古の商品一覧

iPad Airは、薄くて軽量なデザインが特徴で、持ち運びやすいタブレット端末です。
2013年に第1世代が発売され、以後、第2世代、第3世代、第4世代、第5世代の計5つのモデルが発売されています。
各モデルにRetina, Liquid Retinaディスプレイが搭載され、高解像度で鮮明な表示を実現しています。
1年間の動作保証
バッテリー容量80%以上のみ取扱
全国送料無料※税込4,000円以上のご購入で
リアル店舗で修理サポート

iPadのグレードについて

iPad Airに関するお役立ち記事

    iPad Air代中古のよくある質問と回答

    iPad Airの特徴は?他のモデルと何が違う?

    iPad AirはiPadシリーズのミドルレンジモデルとして位置づけられiPadiPad Proの中間の価格と性能を備えたモデルです。
    iPadシリーズと比べて画面サイズが大きく処理性能が高いです。
    またiPad Proシリーズと比べるとカメラ性能と処理能力の面では劣りますが、小型軽量で価格が安くなっています。
    「画面サイズが大きく動画やゲームを楽しめる」「処理能力が高いのでクリエイティブ作業やビジネスにも使える」「性能に対してコスパがいい」
    iPad Airを選ぶ際はこの3つの特徴が重要なポイントとなります。

    iPad Airのディスプレイサイズは何インチですか?

    iPad Airのディスプレイサイズは第1、第2世代が9.7インチ、第3世代が10.5インチ、第45世代が10.9インチです。
    世代が進むにつれてディスプレイが大きくなる傾向ですが、特にiPad Air第4世代からホームボタンの廃止によってオールスクリーンデザインに変わりました。

    iPad AirはM1チップを搭載していますか?

    現在(※2023年9月)発売されているiPad AirシリーズではiPad Air 第5世代が唯一M1チップを搭載したモデルとなっています。
    M1チップはMacBookシリーズにも搭載されているAppleが自社開発した高性能チップです。
    iPad Air 第5世代に搭載されたことで前モデルと比較して処理性能が大幅に向上し高負荷なクリエイティブ作業やゲームプレイにも対応できるようになりました。

    iPad Airはどのような用途に適していますか?

    iPad Airは多くの用途で活躍できるデバイスです。
    特にiPad Air 第5世代はオールスクリーンのデザインと10.9インチのディスプレイ、さらにはM1チップを搭載しているためパフォーマンスも非常に高いです。
    これにより、日常の娯楽からビジネス、学習まで幅広いシーンでの利用が可能です。
    またApple PencilとMagic Keyboardに対応しているため、デジタルアートの制作やビジネス文書の作成にも適しています。
    総合的に見るとiPad Airは娯楽、仕事、学習など、様々な用途に対応した高性能なデバイスです。

    iPad Airを購入する際の注意点は?

    iPad Airを購入する際にはいくつかの点に注意が必要です。
    まず使用目的によって必要なストレージ容量を検討しましょう。極端に容量が少ないとアプリやメディアの保存に制限がかかる可能性があります。
    またWi-Fiのみのモデルかセルラーモデルかを選ぶ必要があります。後者はSIMカードが必要ですが外出先などでもネット接続が可能です。
    次に付属品やアクセサリについてですが、Apple Pencilやキーボードを利用したい場合は互換性や追加費用も考慮する必要があります。
    最後に最新モデルと旧モデルの違いを理解しておくことも重要です。特に性能や機能に大きな違いがある場合、最新モデルの方が長期的に見てコスパが良い場合もあります。
    以上の点を踏まえ、自分のニーズに最も合ったモデルを選ぶことが重要です。

    SECOND HANDについて

    SECOND HAND(セカハン)は、中古iPhone、iPad、AppleWatch、MacBookを中心とした中古端末販売会社です。

    地球環境に貢献していきながら、機能検品・クリーニングを最重視し、高品質な商品をお客様にお届けしております。

    ほんのちょっとの環境への配慮が、地球にとって大きな貢献につながります。

    私たちの住んでいる地球に、ちょっと良いことはじめませんか?

    セカハンでは、2024年5月末時点で154.75トンのCO2削減(※)を実現しています。
    ※【参考】国土交通省(運輸部門における二酸化炭素排出量)令和4年7月5日更新