MacBook Pro 2020 M1中古の商品一覧

MacBook Pro 2020 M1中古の商品一覧

2020年発売モデル
MacBook Pro 2020 M1はAppleが独自開発したM1チップを採用した初のMacBook Proです。
従来のIntelプロセッサ搭載モデルと比較して、高い処理能力と省電力の両立を実現しています。
16GBまでのRAMと2TBまでのSSDストレージが利用可能、13.3インチRetinaディスプレイは明るさと色彩を鮮明に描画します。
Touch Bar搭載、最大20時間のバッテリー駆動、2つのUSB-C/Thunderboltによる外部接続もサポートしています。
1年間の動作保証
バッテリー容量80%以上のみ取扱
全国送料無料※税込4,000円以上のご購入で
リアル店舗で修理サポート

他の機種から探す

MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) スペック比較表

スクロールできます
モデル名 MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) MacBook Pro (15-inch, 2019) MacBook Pro (14インチ, 2021) MacBook Pro (16インチ, 2021)
本体カラー シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
発売日 2020年11月10日 2019年5月21日 2021年10月18日 2021年10月18日
ディスプレイ 13.3インチ
Retinaディスプレイ
15.4インチ
Retinaディスプレイ
14.2インチ
Liquid Retina XDRディスプレイ
16.2インチ
Liquid Retina XDRディスプレイ
画面解像度 2,560 × 1,600 ピクセル
227ppi
2,880 × 1,800 ピクセル
220ppi
3,024 × 1,964 ピクセル
254ppi
3,456 × 2,234 ピクセル
254ppi
CPU/GPU M1チップ(8コアCPU/8コアGPU)
CPU

2.6GHz:2.6GHz 6コア Core i7
または2.4GHz 8コア Core i9

2.3GHz:2.3GHz 8コアIntel Core i9
または2.4GHz 8コア Core i9

GPU

2.6GHz:Radeon Pro 555X(4GB GDDR5メモリ) / UHD Graphics 630
またはRadeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ) / UHD Graphics 630

2.3GHz:Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ) / UHD Graphics 630
またはRadeon Pro Vega 16(4GB HBM2メモリ) / UHD Graphics 630
またはRadeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ) / UHD Graphics 630

M1 Proチップ(8コアCPU/14コアGPU)
またはM1 Proチップ(10コアCPU/14コアGPU)
またはM1 Proチップ(10コアCPU/16コアGPU)
またはM1 Maxチップ(10コアCPU/24コアGPU)
またはM1 Maxチップ(10コアCPU/32コアGPU)
M1 Proチップ(10コアCPU/16コアGPU)
またはM1 Maxチップ(10コアCPU/24コアGPU)
またはM1 Maxチップ(10コアCPU/32コアGPU)
NPU 16コアNeural Engine - 16コアNeural Engine 16コアNeural Engine
メモリ 8GBまたは16GB 16GBまたは32GB 16GBまたは32GBまたは64GB 16GBまたは32GBまたは64GB
ストレージ容量 256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
4TB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
4TB SSD
8TB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
4TB SSD
8TB SSD
高さ

奥行
1.56 cm
30.41 cm
21.24 cm
1.55 cm
34.93 cm
24.07 cm
1.55 cm
31.26 cm
22.12 cm
1.68 cm
35.57 cm
24.81 cm
重量 1.4 kg 1.83 kg 1.6 kg
M1 Pro

2.1 kg

M1 Max

2.2 kg

Touch ID(指紋認証) 〇 Touch Bar
インカメラ 720p FaceTime HDカメラ 720p FaceTime HDカメラ 1080p FaceTime HDカメラ 1080p FaceTime HDカメラ
充電と拡張性 Thunderbolt / USB 4ポート × 2
3.5mmヘッドフォンジャック
Thunderbolt 3 (USB-C)ポート × 4
3.5mmヘッドフォンジャック
SDXCカードスロット
HDMI ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
MagSafe 3ポート
Thunderbolt 4(USB-C)ポート × 3
SDXCカードスロット
HDMI ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
MagSafe 3ポート
Thunderbolt 4(USB-C)ポート × 3

MacBookのグレードについて

MacBookに関するお役立ち記事

    MacBookPro 2020 M1中古のよくある質問と回答

    MacBook Pro 2020 M1の主なスペックは何ですか?

    MacBook Pro 2020 M1はAppleが独自に設計したM1チップを搭載し8コアのCPUと8コアのGPU、統合された16コアのNeural Engineを持っています。
    ストレージは256GB、512GB、1TB、2TBの4種のSSDから、メモリは8GBと16GBから選択できます。
    また13.3インチのRetinaディスプレイを備えており、非常に明るく鮮明な画面描写を実現しています。
    バッテリー寿命も優れており、一回の充電で最大17時間の使用が可能とされています。
    高品質なスピーカーやマイク、そしてTouch BarやTouch IDも装備されています。
    2つのThunderbolt / USB 4ポートを備え、高速なデータ転送やディスプレイの接続が簡単に行えます。

    M1チップと従来のIntelチップの違いは何ですか?

    M1チップはAppleが独自に設計したARMベースのチップで、特にエネルギー効率と性能の面で優れています。
    このチップは、8コアのCPUと8コアのGPUを持つ統一メモリーアーキテクチャを採用しており、アプリの起動速度やバッテリー持続時間が大幅に向上しています。
    一方、従来のIntelチップはx86アーキテクチャをベースにしており、長い間PC業界の標準とされてきました。
    Intelチップは多岐にわたる用途での実績があり汎用性に優れている反面、消費電力ではM1チップに劣るとされています。
    M1チップの登場により、Macのアプリが最適化されることで従来よりも高速に動作します。
    一方で、初期の段階では一部のアプリがM1に対応していない場合もあり、Rosetta 2で変換して動作させる必要がありました。
    M1チップはパフォーマンスと電力効率の向上を実現している一方、Intelチップは幅広い互換性と汎用性を持つという特徴があります。

    MacBook Pro 2020 M1のバッテリー駆動時間はどれくらいですか?

    MacBook Pro 2020 M1はワイヤレスインターネットの利用で最大17時間のバッテリー駆動が可能とされています。
    Apple TVアプリのムービー再生の場合、最大20時間です。
    従来のIntelベースのMacBook Proと比較するとバッテリー駆動時間が大幅に長くなり一日の作業を通して充電の心配をせずに利用することが可能となりました。

    MacBook Pro 2020 M1でWindowsは動作しますか?

    MacBook Pro 2020 M1に搭載されているM1チップは従来のIntelベースのMacとは異なる動作を持っているため、windowsの稼働はサポートされていませんでした。
    しかし2023年10月現在、M1やM2といったAppleシリコン搭載のMacBookでもParallels Desktop for Macを利用して仮想マシン上でWindowsを稼働することが可能となりました。

    M1チップは動画編集やゲームに適していますか?

    AppleのM1チップは、その高度なシリコン設計のおかげで多くのタスクにおいて高い性能を発揮します。
    動画編集においてはM1チップは高速なSSDとの組み合わせで、4Kや8Kの高解像度動画の読み込み、編集、エクスポートを素早くスムーズに処理します。
    また、Appleの独自ソフトウェアであるFinal Cut Proの最適化も進んでおり、エフェクトのリアルタイムプレビューやレンダリングも非常に高速です。
    ゲームに関しても8コアのCPUとGPUにより多くのゲームタイトルで高いフレームレートを実現します。
    また熱が発生しにくい特性と効率的な電力消費により長時間のゲームプレイでもパフォーマンスが低下しにくいのが特長です。
    総合的に見るとM1チップは動画編集やゲームに非常に適しておりその高性能と効率性は多くのユーザーから高く評価されています。

    SECOND HANDについて

    SECOND HAND(セカハン)は、中古iPhone、iPad、AppleWatch、MacBookを中心とした中古端末販売会社です。

    地球環境に貢献していきながら、機能検品・クリーニングを最重視し、高品質な商品をお客様にお届けしております。

    ほんのちょっとの環境への配慮が、地球にとって大きな貢献につながります。

    私たちの住んでいる地球に、ちょっと良いことはじめませんか?

    セカハンでは、2024年4月末時点で151.86トンのCO2削減(※)を実現しています。
    ※【参考】国土交通省(運輸部門における二酸化炭素排出量)令和4年7月5日更新