MacBook Pro 2022 M2中古の商品一覧

MacBook Pro 2022 M2中古の商品一覧

2022年発売モデル
MacBook Pro 2022 M2は優れたパフォーマンス、高品質のディスプレイ、長いバッテリー駆動を備えたモデルです。
デザインは2020年モデルを踏襲し変わりませんが、M2チップの採用でパフォーマンスが大きく向上しています。
標準で8GBのメモリと256GBのストレージを備え、最大24GBのメモリと2TBのストレージに拡張できます。
また、Touch Barは廃止され、バッテリー駆動は最大18時間となっています。
1年間の動作保証
バッテリー容量80%以上のみ取扱
全国送料無料※税込4,000円以上のご購入で
リアル店舗で修理サポート

他の機種から探す

MacBook Pro (13-inch, M2, 2022) スペック比較表

スクロールできます
モデル名 MacBook Pro (13-inch, M2, 2022) MacBook Pro (14インチ, 2021) MacBook Pro (14インチ, 2023)
本体カラー シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
発売日 2022年6月6日 2021年10月18日 2023年11月7日
ディスプレイ 13.3インチ
Retinaディスプレイ
14.2インチ
Liquid Retina XDRディスプレイ
14.2インチ
Liquid Retina XDRディスプレイ
画面解像度 2,560 × 1,600 ピクセル
227ppi
3,024 × 1,964 ピクセル
254ppi
3,024 × 1,964 ピクセル
254ppi
CPU/GPU M2チップ(8コアCPU/10コアGPU) M1 Proチップ(8コアCPU/14コアGPU)
またはM1 Proチップ(10コアCPU/14コアGPU)
またはM1 Proチップ(10コアCPU/16コアGPU)
またはM1 Maxチップ(10コアCPU/24コアGPU)
またはM1 Maxチップ(10コアCPU/32コアGPU)
M2 Proチップ(10コアCPU/16コアGPU)
またはM2 Pro(12コアCPU/19コアGPU)
またはM2 Max(12コアCPU/30コアGPU)
またはM2 Max(12コアCPU/38コアGPU)
NPU 16コアNeural Engine 16コアNeural Engine 16コアNeural Engine
メモリ 8GBまたは16GBまたは24GB 16GBまたは32GBまたは64GB 16GBまたは32GBまたは64GBまたは96GB
ストレージ容量 256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
4TB SSD
8TB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
4TB SSD
8TB SSD
高さ

奥行
1.56 cm
30.41 cm
21.24 cm
1.55 cm
31.26 cm
22.12 cm
1.55 cm
31.26 cm
22.12 cm
重量 1.4 kg 1.6 kg
M2 Pro

1.60 kg

M2 Max

1.63 kg

Touch ID(指紋認証)
インカメラ 720p FaceTime HDカメラ 1080p FaceTime HDカメラ 1080p FaceTime HDカメラ
充電と拡張性 Thunderbolt / USB 4ポート × 2
3.5mmヘッドフォンジャック
SDXCカードスロット
HDMI ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
MagSafe 3ポート
Thunderbolt 4(USB-C)ポート × 3
SDXCカードスロット
HDMI ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
MagSafe 3ポート
Thunderbolt 4(USB-C)ポート × 3

MacBookのグレードについて

MacBookに関するお役立ち記事

    MacBook Pro 2022 M2中古のよくある質問と回答

    MacBook Pro 2022 M2はどのように進化した?

    MacBook Pro 2022 M2はMacBook Pro 2021 M1と比べて、CPU性能は18%、GPU性能は35%、Neural Engine性能は40%向上しています。
    これらの性能向上により「一般的な作業(Webブラウジング、メール、文書作成など)」「クリエイティブ作業(写真編集、動画編集、音楽制作など)」「ゲームプレイ」など様々な用途でより高速なパフォーマンスを発揮します。
    また電力効率も改良され、バッテリー駆動時間が日常的な使用方法で最大17時間に向上しています。

    M2チップはM1チップと比べてどう違う?

    M2チップはAppleが2022年6月に発表したSoCです。
    M1チップの後継モデルとして開発され、CPU、GPU、Neural Engineのいずれも性能が向上しています。
    CPU性能は18%向上し、一般的な作業からクリエイティブ作業まで、幅広い用途でより高速なパフォーマンスが実現されます。
    GPU性能は35%向上し、動画編集やゲームプレイなどのグラフィック処理がより快適になります。
    Neural Engine性能は40%向上し、機械学習やAIを活用したアプリケーションのパフォーマンスが向上します。
    M2チップはM1チップと比べて幅広い用途でパフォーマンスが向上していることがわかります。

    MacBook Pro 2022 M2はどのようなデザインをしていますか?

    筐体はアルミニウム製で丸みを帯び、シルバーとスペースグレイの2色で展開しています。
    高さは1.56cm、幅30.41cm、奥行21.24cmで重さは1.4kgです。
    ディスプレイは13.3インチRetinaディスプレイで、解像度は2,560 x 1,600ピクセルです。
    14インチモデルや16インチモデルと比較してコンパクトなサイズながら、高いパフォーマンスとバッテリー駆動時間を実現しています。

    MacBook Pro 2022 M2のバッテリー駆動時間は?

    MacBook Pro 2022 M2のバッテリー駆動時間はワイヤレス接続で日常的な使い方をする場合、最大17時間とされています。
    これは作業内容やアプリの使用状況、画面の明るさ設定によっては増減する場合があります。
    バッテリー駆動時間の向上はM2チップの省電力性能の向上によるものです。
    そのためMacBook Pro 2022 M2はM1搭載モデルと比較して、高いパフォーマンスを持ちつつバッテリー駆動時間が大幅に向上したモデルと言えます。

    MacBook Proの「Thunderbolt」って何?

    MacBook Proに搭載されている「Thunderbolt(サンダーボルト)」とはIntelとAppleが共同で開発したデータ通信規格です。
    高速転送、多機能性、拡張性の3つの特長を兼ね備えています。
    初代Thunderboltは、最大10Gb/sのデータ転送が可能で、その後のバージョンではさらなる速度向上が図られています。
    これにより大量のデータを持つファイルや高解像度の映像素材なども短時間での転送が可能となります。
    また、ディスプレイ接続や電源供給などさまざまな周辺機器と1つのポートでの接続が可能です。
    さらに、eGPU(外付けGPU)の接続もサポートしており、必要に応じてシステムのグラフィック性能を向上させることもできます。

    SECOND HANDについて

    SECOND HAND(セカハン)は、中古iPhone、iPad、AppleWatch、MacBookを中心とした中古端末販売会社です。

    地球環境に貢献していきながら、機能検品・クリーニングを最重視し、高品質な商品をお客様にお届けしております。

    ほんのちょっとの環境への配慮が、地球にとって大きな貢献につながります。

    私たちの住んでいる地球に、ちょっと良いことはじめませんか?

    セカハンでは、2024年1月末時点で145.05トンのCO2削減(※)を実現しています。
    ※【参考】国土交通省(運輸部門における二酸化炭素排出量)令和4年7月5日更新