iPhone11 Pro Max中古の商品一覧

iPhone11 Pro Max中古の商品一覧

2019年発売モデル
iPhone 11 Pro Maxは6.5インチのSuper Retina XDR OLEDディスプレイを搭載し、素晴らしい色彩表現を提供します。
A13 Bionicチップにより高速かつ効率的なパフォーマンスを実現し、バッテリー寿命は前モデルと比べて大幅に改善されています。
また、背面には超広角、広角、望遠のトリプルカメラを搭載し、優れた写真とビデオ撮影が可能です。
耐水性、耐塵性も強化され、ワイヤレス充電やFace IDなど様々な機能も提供されています。
1年間の動作保証
バッテリー容量80%以上のみ取扱
全国送料無料※税込4,000円以上のご購入で
リアル店舗で修理サポート

iPhone 11 Pro Max スペック比較表

スクロールできます
モデル名 iPhone 11 Pro Max iPhone 11 iPhone XS Max iPhone 12 Pro Max
本体カラー ミッドナイトグリーン
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
パープル
イエロー
グリーン
ブラック
ホワイト
レッド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
グラファイト
シルバー
パシフィックブルー
ゴールド
発売日 2019年9月20日 2019年9月20日 2018年9月21日 2020年11月13日
ディスプレイ 6.5インチ
有機EL(OLED)
Super Retina XDR HDR
6.1インチ
液晶(LCD)
Liquid Retina HD
6.5インチ
有機EL(OLED)
Super Retina HD
6.7インチ
有機EL(OLED)
Super Retina XDR HDR
画面解像度 2,688 x 1,242ピクセル
458ppi
1,792 x 828ピクセル
326ppi
2,688 x 1,242ピクセル
458ppi
2,778 x 1,284ピクセル
458ppi
高さ

厚み
158.0mm
77.8mm
8.1mm
150.9mm
75.7mm
8.3mm
157.5mm
77.4mm
7.7mm
160.8mm
78.1mm
7.4mm
重量 226g 194g 208g 226g
プロセッサ A13 Bionic A13 Bionic A12 Bionic A14 Bionic
ストレージ
容量
64GB
256GB
512GB
64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
SIMカード デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
コネクタ Lightning Lightning Lightning Lightning
タッチ操作 触覚タッチ 触覚タッチ 3D touch 触覚タッチ
Apple Pay
Touch ID
(指紋認証)
× × × ×
Face ID
(顔認証)
アニ文字
ミー文字
ワイヤレス
充電
高速充電
メインカメラ トリプルカメラ
12メガピクセル
ナイトモード
デュアルカメラ
12メガピクセル
ナイトモード
デュアルカメラ
12メガピクセル
トリプルカメラ
12メガピクセル
ナイトモード
防水性能
(耐水・耐塵)
IP68 IP68 IP68 IP68

iPhoneのグレードについて

iPhone 11 Pro Maxに関するお役立ち記事

    iPhone13 Pro Max中古のよくある質問と回答

    iPhone 11 Pro MaxとiPhone 11 Proの違いは何ですか?

    iPhone 11 Pro MaxとiPhone 11 Proの主にサイズとバッテリーに違いがあります。
    まず最も大きな違いは本体とディスプレイのサイズです。
    iPhone 11 Pro Maxは6.5インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載、本体の寸法は高さ158.0mm、幅77.8mm、厚さ8.1 mmです。
    対してiPhone 11 Proは5.8インチの同種のディスプレイを搭載し、寸法は高さ144.0mm、幅71.4mm、厚さ8.1mmです。
    iPhone 11 Pro Maxの方がより大きな画面での視聴や操作が可能となっています。
    次にバッテリー容量についてiPhone 11 Pro Maxは3,969mAh、ビデオ再生で最大20時間に対して、iPhone 11 Proは3,046mAh、ビデオ再生で最大18時間です。
    それ以外のカメラ性能、処理能力、デザインなどの主要な特徴は、両モデルとも基本的に同じです。
    したがってこの2モデルを選択する際は好みの画面サイズや必要なバッテリー持続時間などが決め手になります。

    iPhone 11 Pro Maxのバッテリー駆動時間はどのくらいですか?

    iPhone 11 Pro Maxは以前のモデルから大幅にバッテリー駆動時間を延ばしています。
    iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxに比べて最大5時間長いバッテリー駆動時間を持っています。
    具体的には、公表でビデオ再生で最大20時間、オーディオ再生では最大80時間とされています。
    この優れたバッテリー持続時間はA13 Bionicチップの効率的な処理とiOSの最適化、さらにはバッテリー自体の容量の増加によって実現されています。
    日常的な使用条件においては多くのユーザーが一日を通じての使用に問題なく対応できる持続時間を持っています。
    もちろん、使用状況や設定によってはバッテリー駆動時間が異なる場合があるので、その点は留意が必要です。

    iPhone 11 Pro Maxのサイズと重さは?

    iPhone 11 Pro Maxは2019年のフラッグシップモデルとしてリリースされ、そのサイズ感は大きなディスプレイを利用したいユーザー向けとなっています。
    このモデルの寸法は高さ158.0mm、幅77.8mm、厚さ8.1mm、重さは226gとなっております。
    このサイズと重さは、6.5インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載していることが主な要因となっています。
    一般的には大きく重い部類に入るため、実際に手に取ってみて自分の使用感を確かめることをおすすめします。

    iPhone 11 Pro Maxの生産終了はいつ?

    2019年に発売されたiPhone 11 Pro Maxは、2020年10月にApple Storeでの販売を終了しました。そのため、現時点では生産終了しています。
    Appleは、新モデルの発売に合わせて旧モデルの生産を終了させるのが通例です。
    iPhone 11 Pro Maxは、2020年10月にiPhone 12シリーズが発売されたため、そのタイミングで販売を終了しました。
    なお、Appleは、販売終了から約5年間は修理サポートを受けられるケースが多いため、2025年10月ごろまでは修理サポートを受けることができると見られます。

    iPhone 11 Pro Maxのストレージ容量は?

    iPhone 11 Pro Maxは64GB、256GB、512GBの3つのストレージオプションが提供されています。
    64GBは基本的なユーザー向けで、通常のアプリの使用や写真・動画の保存、一般的なSNSやメール利用には十分な容量を持っています。
    しかし、多くの高解像度の写真や4K動画を撮影する場合、または多数のアプリやゲームをダウンロードする場合は容量が足りなくなる可能性が高いです。
    256GBは中級ユーザーやビジネスユーザー向けと言えるでしょう。
    多くのメディアコンテンツのダウンロードや、高解像度の動画撮影、大容量のアプリケーションの使用にも余裕を持った容量です。
    512GBは、プロの写真家や映像クリエイター、もしくは大量のデータを持ち歩きたいユーザー向けのオプションです。
    大量の写真や動画、アプリケーションを保存することができます。
    いずれかを選択する基準としては実際のやりたい事や日常の使用パターンを想定して少し余裕を持った容量にするといいでしょう。

    SECOND HANDについて

    SECOND HAND(セカハン)は、中古iPhone、iPad、AppleWatch、MacBookを中心とした中古端末販売会社です。

    地球環境に貢献していきながら、機能検品・クリーニングを最重視し、高品質な商品をお客様にお届けしております。

    ほんのちょっとの環境への配慮が、地球にとって大きな貢献につながります。

    私たちの住んでいる地球に、ちょっと良いことはじめませんか?

    セカハンでは、2024年4月末時点で151.86トンのCO2削減(※)を実現しています。
    ※【参考】国土交通省(運輸部門における二酸化炭素排出量)令和4年7月5日更新